私の娘は当時、中学受験を考えておりました。少しでも上の大学に行きたいと娘に言われたことで私も真剣に考えました。娘はそれまで全く塾というものに通っていませんでしたが、受験するならと思い塾を薦め、集団指導の塾に通いさせました。しかしそこに通ってから数ヶ月経っても成績が伸びず、最終的に塾もやめてしまいました。もう中学受験は諦めるしかないのかと思ったその時、知人から個別指導塾に通ってみたらどうだという申し出がありました。集団でもやっていけなかったのにまた塾…と半信半疑で体験学習に行かせましたが、そこで驚きました。集団のときとは違い、確かに娘が勉強を意欲的に行っているのです。そこで私は、娘には個別指導塾が合っているのだと気付きました。そして娘はその塾に通い始めました。そこは東大も目指せるということで有名な個別指導塾で、娘もいつからかそこを意識して勉強するようになりました。そして不安だらけで迎えた中学受験。見事志望校に合格。このまま東大を目指したいと娘は言い、その塾に通い続け、そして高校受験で見事東大に合格することもできました。
塾というのは、ただ評判が良い所を選べば良いわけではありません。自分にあった指導方法の塾を選ぶことが最前であると私は娘の経験を得て学びました。